TOP
検索

サロンのプランを選択する

第1期 メンバー募集中!

冒険者サポーター

1,000円 /1ヶ月

入会する

利用規約に同意の上、入会する

第1期 メンバー募集中!

ギルドサポーター

3,000円 /1ヶ月

入会する

利用規約に同意の上、入会する

第1期 メンバー募集中!

法人サポーター

8,000円 /1ヶ月

入会する

利用規約に同意の上、入会する

オーナープロフィール

西村 治久

(写真 一番右)新潟県 住み開きの古民家「ギルドハウス十日町」ギルドマスター。《住み開きの隠居生活》実践中。旅するノマドワーカー型Webプランナー。まちの支えあいを増やすアプリ「まちかどギルド」代表。世界規模の起業家コミュニティ「Startup Weekend」新潟版 発起人。

講演・メディア出演の実績など、詳細なプロフィールはこちら(Facebook)

オーナーからのお知らせ

  • 2017年10月16日 (ギルドサポーター)第1期の募集を開始しました。
  • 2017年10月16日 (法人サポーター)第1期の募集を開始しました。
  • 2017年10月16日 (冒険者サポーター)第1期の募集を開始しました。

住み開きの古民家「ギルドハウス十日町」サポーターズサロン

西村 治久

オンラインサロン詳細

サポーターズサロン概要

『山奥に多くの人が集まっています!』

ギルドハウス十日町は、新潟県の十日町市(とおかまちし)におきまして、2015年5月にオープンした《住み開きの古民家》です。空き家だった築100年の古民家をセルフリノベーションし、現在10人前後で共同生活をしています。

そして今、この家を中心に、大きな渦が巻き起こっています。

お店でも宿でもない山奥の限界集落にある《住まい》に、全国・海外から延べ6,000人以上が集まっているんです。そこでは日常的に、多くのチャンスと展開が生まれています。

さらにギルドハウスは、長野県、山形県、群馬県、栃木県など全国各地に増える予定です。つまり互いを行き来しながら多拠点で活動することも可能です。

『サポーターとして第2・第3の拠点に!』

ギルドハウス十日町に出入りしている人もそうでない人にも、居心地のよいオンラインファンクラブとして運営していきます。また、オンラインで交流できるだけでなく、現地での試住も可能になるため、「地方で働く」「地方に移住する」「地方に事業を展開する」「田舎暮らしを体験する」きっかけを得ていただければと思います。

ぜひ第2・第3の拠点としてフルにご活用ください。もちろん、たまの休暇を利用し、週末だけ移住するなど、骨休めをする田舎の実家のような使い方でも歓迎します。

ギルドハウス十日町の所在地など、詳細はこちら

サポーター特典

『3種類が選べるサポーター特典!』

下記の3種類をお選びいただけます。いずれもギルドハウス十日町のサポーターとなり、みなさんのお仕事や休暇などのタイミングを見計らって試住ができるなど、さまざまな特典付きです。

今後は農業体験などの各種イベント、複数人とのビデオ通話によるオンラインセミナーなどを開催予定です。サポーターどうしの交流はもちろん、シェアリングスペース設立やビジネスマッチングなどに関する講座・情報交換の場も提供します。

なお、あくまで非営利目的のため、お支払いいただく月額費用は、ギルドハウス十日町の家計やみなさんの活動支援に活用させていただきます。

1.《冒険者サポーター》

ギルドハウス十日町の住人をサポートしていただくプラン。毎月3日以内の試住が可能です。

2.《ギルドサポーター》

ギルドハウス十日町の運営全般をサポートしていただくプランです。毎月6日以内の試住が可能です。

3.《法人サポーター》

株式会社やNPOといった法人が、地方への事業展開などのためにギルドハウス十日町をご活用いただくプランです。代表者1名がお申し込みください。毎月〔人数x滞在日数=10人日以内〕の試住が可能です。

みなさんの入会をお待ちしています!

ギルドマスターの西村です!

みなさん、こんにちは!

ギルドハウス十日町の代表(ギルドマスター)を務める西村 治久(ハルヒサ)です。

住み開きの古民家「ギルドハウス十日町」は、自分の住まいであるこの家で、10人前後の個性豊かな住人たちと共同生活をしています。

さらに交流の場として開放しており、地元からはもちろん全国・海外から年間で延べ6,000人がいらっしゃいました。お店や宿ならばともかく、山奥の限界集落にある住まいに、これほどの人が集まるのは驚くべきことだと思います。

おかげさまで、発行部数が全国10万部規模の移住情報誌『ソトコト』『TURNS』、さらには『田舎暮らしの本』(宝島社)で特集されたほか、NHKの夕方ニュースにて関東甲信越地区に向けて放送されたこともありました。

自分は過去3年以上も全国の交流の場を旅してきました。その集大成であるギルドハウス十日町には、多くの “仕掛け” を施しています。体験しないと伝わらないことが多い不思議な空間です。

このサポーターズサロンをきっかけとして、より一層いろいろな方がお越しくださり、ギルドハウス十日町で得られる出会いから共感と展開が生まれ、みなさんの活動のフィールドが広がることを願っています。

もちろん、第2の実家として、のんびりとした田舎のなか、気晴らしにぼ〜っと過ごすだけでも良いと思いますよ。ご家族やご友人を連れていらしても大歓迎です。

オンラインのサポーターズサロンで、もしくは現地のギルドハウス十日町で、みなさんとお会いできるのを楽しみにしています。

note「オンラインサロンを開設しました。」

note「一般の賃貸とちがう個性派シェアハウスを、自分の武器とする。」

magazine「【サロンオーナーに会ってきた】住み開きの古民家「ギルドハウス十日町」-西村治久さん」