お知らせ クーポン ヘルプ

ラノベの書き方で重要なのは「主人公キャラの好感度を下げない」こと

テキスト

ラノベの書き方で重要なのは「主人公キャラの好感度を下げない」こと

この記事の作者はプロのラノベ作家です。


今回は、中級者以上の向けの内容となります。


小説の人気を出すためには、主人公の好感度ゲージのようなものをイメージしながら物語を書く必要があります。


主人公キャラは基本的には読者が感情移入するための媒体であり、物語開始時点で好感度ゲージはゼロからスタートします。


ここから主人公の好感度ゲージを上げていき、読者に「この主人公いいキャラクターだな」と思ってもらうのが小説、特にラノベを書く作業の基本方針となります。


例えば有名な例で知られるのが、『Save the cat の法則』「主人公が子猫を助ける」です。


作中これをやるだけで主人公の優しさアピールにつながり、好感度は+5点のような形で伸びます。

※5点といった点数の数字は適当です。あくまで自分の中で相対的な点数がイメージできていて、かつその点数増減によって主人公の好感度ゲージが増えたり減ったりしている画をイメージすることが大切です。


ほかにも、「傷ついた仲間を助ける」といったこともほぼ間違いなくプラスポイントにつながります。


またいい人アピールだけではなく、例えば男主人公であれば「ちょっとえっちなことに興味がある」や、女主人公であれば「少女漫画の少し過激なシーンが目に入って顔を真っ赤にしている」といった項目もプラスポイントになることが多いです。


子猫を助けるのとは異なり優しさアピールとはなりませんが、等身大の「人間らしさ」アピールにつながり、読者がそのキャラを身近に感じて共感しやすくなるからです。


ちなみに、まれに「そんなテンプレートばかりやっていたら好感度は稼げるかもしれないが個性的なキャラクターではなくなる」という意見がありますが、そんなことは全くありません。


個性とは既存のテンプレートを型はそのままに中身だけ変えるということです。


例えば最初の「主人公が子猫を助ける」というのを「ある雨の日、主人公がなぜか河川敷でケガをして弱っていたビーバーを助ける」に変えただけでも、弱いものを守る主人公というテンプレ部分は変わっていないためプラスポイントとなります。


個性面でも「ビーバーを助けるって新しすぎだろ」と新規性をアピールすることができます。


何なら子猫やビーバーでなくとも、「海辺に打ち上げられていた、出生不明の一人の少女を助ける」として順当に好感度ゲージを稼ぎ、そのままその少女とのストーリーを展開していくのでも別に構わないということになります。


一方で、上記とは異なりゲージを下げるという要因も当然存在します。


極端な例をあげれば、「友達からもらった大事なプレゼントを平気で意味もなく壊す」といった要因は、簡単に主人公の好感度ゲージを一気にマイナス100点まで追い込むことができます。


なぜここまで一気に点数が落ちるかというと、読者にとって「なぜその行動をとらなければいけないのか、その意味が全く理解できないから」です。


なので例えば「主人公が人を殺す」という要因でも、これが「主人公がなんとなく人を殺している」であるとマイナスポイントになりえますが、「男主人公が、大切な女性を守るために、ある人を殺した」という理由があれば、微弱なマイナスポイントで済む、もしくはプラスポイントとなるパターンもあります。


これも原因は、その理由が読者にとって理解できるか否かという部分です。


前者は何故人を殺しているのかがわからないからマイナスポイント、でも後者は人を殺している理由が分かる(場合によっては共感さえできるかもしれない)からこそ、そのマイナスが大きく減るということになります。


以上をすべて踏まえたうえで、例を出して考えてみましょう。


「女装する男性主人公の好感度ゲージは、作中で一体どれだけプラスに傾いているでしょうか?」


第一に、核となる「女装をしている」という項目は、主人公の好感度ゲージに一体プラス何ポイントもしくはマイナス何ポイントの影響を及ぼしているのかが重要です。


※また、そもそもこのゲージを意識しながら女装という設定を扱えているかどうかが問題です。


ここから先は作中の描き方や文章にもよって大きく左右されますが、なんとなく女装が好きだったから女装をしているというだけではおそらくプラスポイントにはなりません。


なぜなら読者が、主人公がなぜ女装が好きなのか、その意味が分からないからです。


本質的な問題点は「そもそもプラスポイントになりえない設定を"斬新だから"という理由だけで採用してしまうと、失敗するということです」
「斬新な設定を採用しているから、他の作品と差別化されて面白くなるだろう」というのは、勘違いです。


主人公の好感度ゲージの存在を念頭に置いて考えねばなりません。


特にこれは作家共通の注意点として、一番厄介なのが「作者自身がマイナーな趣向を持っていて、それを無条件に面白いと思っている」パターンです。
(例えば、作者がカバディというスポーツが大好きで、作中キャラクターがカバディをしているだけの小説が作者としては最高に面白い。しかし、読者目線ではカバディは別に面白い要素ではなく、さらになんでカバディを楽しんでいるのかの意味が理解できないので、もはやジャンルそのものがマイナスポイントになってしまっている――といったパターンです)


女装が好きな男性主人公にする場合は、女装に興味がない読者層でも主人公の好感度がプラスポイントに働くにはどうすれば考え、答えを用意できると、作品としてより洗練されたものになります。


2023年11月9日に作成した記事


エンタメノベルラボに入会するとより高度な情報が閲覧できます

ぜひ入会してください!


オンラインサロン情報

エンタメノベルラボ

エンタメノベルラボ

3,000円/1ヶ月ごと
サロンページを見る

サロン紹介

webからの書籍化&新人賞受賞者、続々出現!小説で食べていくことを目指すサロン。プロの講座、ガチ批評会、人気作の分析会など、初心者でも安心して上達できる環境を整えています。小説投稿サイトで月1~3万円稼ぐメンバー多数
運営ツール
DMMオンラインサロン専用コミュニティ

あなたにおすすめの他サロン

おすすめサロンをすべて見る
ページトップに戻る