ヘルプ

負け組から抜け出す3点セット

テキスト

負け組から抜け出す3点セット

今回は自分が2009年に作った超ロングセラー商品、ROTという競馬予想支援

ツールをご利用の人に向けて「レベルアップ」のご提案です。


もし「ROTって何?」という人がこれをご覧になっているようなら、

こちらにROTの概要を記しています。


自分が馬券を買う際にどういう観点で予想をしているかがお分かり頂けます
ので、宜しければご一読下さい。

ROTをご利用されている人からは、

「ROTを利用し始めてから的中率が飛躍的に上がりました」

というような声を度々頂戴します。

素直な心でROTから馬選びをしてもらえれば、殆どの人はこうなります。

しかし、そこからもうひと伸びできずに一進一退を繰り返して「競馬でお金を稼ぐ」という領域にまで中々辿り着けない人もいると思います。

今回はそういう人たちに「負け組から抜け出す3点セット」という2,970円の
動画付き教本のご提案です。

自分がずっと貫いている予想スタイルは、

「事実と真実を見較べてできるだけ整合性のとれている馬を選ぶ」で、
これをやるのにROTは最高最強のツールなんですね。

事実とはROTの画面、真実とは馬柱や過去の成績のことです。

今回ご提案する「負け組から抜け出す3点セット」のメインとなる「負け組から抜け出すには?」の前半部分では、

「出馬表を見る前にまずはROTのレース画面を見てここまでやろう!」ということを具体的なレースを用いてその手順を解説をしています。

主なポイントとしては、

■ 高確率で馬券を当てるには、ターゲットゾーンを明確にすること

■ 前夜、或いは早朝の時点である程度予想を完結させるには?

■ そのためにROTの画面のどこをどのように見て馬券になりそうな馬を拾い
上げればいいのか?

■ 見込みオッズはどうやって算出するのか?

などなど...、
昨今は様々な事情で土曜日や日曜日も仕事をしている人が急増しているので、
前夜とか早朝にある程度予想の目鼻がつけれることを考慮しています。

実際、自分は前夜の時点で8割か9割方予想をまとめ、
「馬券を買うとしたらこれかな?」という次元まで済ませ、
当日は軽く確認して馬券を買うのにレース前の4,5分を使っている程度で、
比重は圧倒的に前夜の方を高くしています。

(これは自分が殆どの場合、未勝利戦の中であまり深く考えなくて済む
かんたんなレースしか選んでいないということもあります)

そして「負け組から抜け出すには?」の後半部分では、

僭越ながら、思いつくまま小姑っぽい小言を書き連ねています。

一言で言うなら、競馬でお金を稼げない人は方法論ばかりにとらわれて
「あるもの」が明確ではないからです。

競馬で稼げない理由の90%以上はここにあります。

だから「目配り」が足りずに予想が甘くなるのです。

予想に「抜け」が出るのです。

主なポイントとしては、

■ あなたが毎日会社に行くのはなぜですか?

■ ●●のない人は絶対に競馬で稼ぐことはできない!
(●●はお金じゃないですよ)

などなど...特にサラリーマンの人は会社に行きさえすれば社内でテキトーに
やっていても自動的に給料が支払われるので、自分の力でお金を稼ぎ続ける
というのがどういうことなのかがリアルに腹落ちしていないと思います。

それは、高度成長期やバブル期に甘やかされて育ってきて、その反動で今大変な思いをしている中高年世代の中で「自分の力でお金を稼いで人生を変える」と一旦は決意しても、1ヶ月かそこらであっさり挫折する人が後を絶たないことが何よりの証です。

それは●●がないからです。

だから後半部分は前半部分以上にしっかり読んで、
そして、考えて欲しいと思っています。

後半部分をしっかり腹落ちさせて予想の際に意識してもらえば、
相当大きな改善になると思います。

以上「負け組から抜け出す3点セット」のパート1である「負け組から抜け出すには?」をかんたんにまとめると、

前半は馬券を当てるために大事なことを、

後半は競馬で稼ぐために大事なことを、

そして、多くの人が「リスクとはたくさんのお金を賭けること」という
大いなる勘違いをしているようなので、「本当のリスクとは何なのか?」
ついて一番最後に記しています。

そして「負け組から抜け出す3点セット」のパート2は、

★ ROTで感性を高める方法

です。

こちらは、以前「おとなの部活」というオンラインサロンの中で行った
オンラインセミナーの収録動画になります。(再生時間2時間40分)

この動画では、

■ ROTで感性を高めるための訓練法

■ どの部分に注意を払いながら訓練をすべきか?

■ ほぼどのレースにもあてはまる必ずマークすべき共通項とは?

当たる競馬予想というものは、結局のところ、最終的に求められるのは
「感性」です。

でも研ぎ澄まされた感性を最初から持っている人など、自分を含めて
殆どいません。

だから自分たちのような凡人は、ひたすら知識を吸収(インプット)し、
その得た知識をもとに実践と復習(アウトプット)を繰り返して経験値を
高めて感性というものを磨いていかねばならないのです。

感性やセンスというものは、論理と経験の上に成り立つものです。

「どうしても複勝1.1-1.2倍の1番人気に行っちゃうんだよなぁ」

という人は、論理だけで競馬予想を完結させようとしていると思います。

現時点のあなたの中に「足りないものがある」ということを強く自覚して
下さい。

これは、これまでの様々な教材の中で自分が本当に伝えたいことと、
あなたの頭の中に叩き込んだこととが噛み合っていないからじゃない
でしょうか?

そのことを意識した上でこの動画を見てもらえば、色んな気づきが起こると
思います。

さらにこの動画では、

後半部分で馬選びの補助的オプションとして「おまけノウハウ」をご紹介しています。

これが中々面白い!

このページを作成している直近の4月16日と17日だけでも、

4月16日阪神4レース、5レース、6レース、10レース、11レース
(アーリントンカップ)、

4月16日中山1レース、6レース、12レース、

4月17日中山1レース、3レース、5レース、福島5レース

の12レースがこの「おまけノウハウ」に該当し、10レースで当たりを拾うことができています。

あくまでも補助的なオプションだし、「いつROTの画面を見るか?」によって結論が変わり得るので、最終的な選択は「事実と真実を見較べてできるだけ
整合性のとれている馬を選ぶ」ことをおすすめしますが、それさえやってもらえば予想をする際に結構背中を押す材料になり得るノウハウだと思います。

言わばこれも感性の1つなのです。

そして「負け組から抜け出す3点セット」のパート3は、
馬柱や過去の成績に主体を置いた、

★ 的中率を85%以上に引き上げる23ヶ条

になります。

再々言ってますが、的中を拾う上で大事なことは、

「事実と真実を見較べてできるだけ整合性のとれている馬を選ぶ」

です。

ROTである程度馬の目星をつけたら、しっかり馬柱や過去の成績を
見ましょう。

(馬柱や過去の成績を見るのは、わざわざお金を掛けずともJRAのサイトで
十分です)

そのために「どこをどのように見ればいいのか?」を事細かに記して馬選びのポイントとしているのが「的中率を85%以上に引き上げる23ヶ条」です。

不的中というものは、殆どの場合、あなたが選んだ馬を贔屓してライバル馬を軽く見るという自分本位の姿勢から生まれます。

そうではなく、大切なお金を安易に失わないためにも「目配り」「気配り」
することで、不的中は相当数防ぐことができます。

以上、ROTに加えて「負け組から抜け出すには?」とその補足となる「ROTで感性を高める方法」と「的中率を85%以上に引き上げる23ヶ条」の3点セットは、これから競馬でお金を稼ごうとするあなたの推進力をきっと高めてくれるはずです。

価格は僅か2,970円!

ROTを使い始めて的中率は上がってきたけど、そこからもうひと伸びできずに一進一退を繰り返して「競馬でお金を稼ぐ」という領域にまで中々辿り着け
ない人にぜひ手にとってもらいたいと思っています。

的中を積み重ねてプラス収支が続くようなら、あとは「お金を増やす」知恵を備えればいいだけなので、競馬でお金を稼ぎ続けるのは、実はあなたが思っている以上にかんたんなことなのです。

続きを表示するには、入会が必要です

おとなの部活〜競馬好きな中高年が人生を楽しく生きるためのサードプレイス

ご入会手続き中に完売することもございます。


販売価格 入会料金 入会/詳細
入会後無料
※退会後閲覧不可 詳細はこちら

2,970円/1ヶ月

入会する

サロンに入会中または購入済みの方はこちら

続きを閲覧するには、DMMアカウントへのログインが必要です。

サロンに入会せず続きを見る

販売価格 入会/詳細
3,960円

購入する

オンラインサロン情報

おとなの部活〜競馬好きな中高年が人生を楽しく生きるためのサードプレイス

おとなの部活〜競馬好きな中高年が人生を楽しく生きるためのサードプレイス

2,970円/1ヶ月
サロンページを見る

サロン紹介

「おとなの部活〜競馬好きな中高年が人生を楽しく生きるためのサードプレイス」は、中高年の人がこれからの人生を楽しく生きるために「メンバー同士の交流」と「メンバー個々の馬券力の向上」を目的にしています。
運営ツール
DMM オンラインサロン専用コミュニティ

あなたにおすすめの他サロン

おすすめサロンをすべて見る
ページトップに戻る