ヘルプ

皮革用塗料の専門家の視点で考える調色

テキスト

皮革用塗料の専門家の視点で考える調色

“How-to/Know-how 革の仕上げについて”でも取り上げた同じテーマを別の角度から新たに書き下ろすシリーズ③調色編


一般的に「調色」とは…
色を混ぜて目標とする色を作ること

レザークラフターであっても、リペアであっても
革の仕上げに携わるなら、調色は逃げては通れない必須のスキル

革の仕上げにあてはめると少し違う表現になる
個人的には色を作るよりも合わせるという表現の方がしっくりくる

顔料だけで塗装膜を形成することが前提の自動車向けや家具向け、運動靴などの調色は色を作って配合をして、あとは安定性のある量産を繰り返します。
その他の革の仕上げでは塗装感と透明感も重要であって、色を作った後に合わせるのが重要です。

着色剤には透明感があり浸透して染まるのが特徴の染料と被覆力があり塗装面に乗るのが特徴の顔料から選べます。どちらが優れているというのではなく革の仕上げには欠かせない2つの着色剤となります。塗料を混ぜ合わせて、目標とする色を作るのがゴールではありません。その2つの着色剤を配合や工程に組み合わせて、塗装感や艶感などの革らしさを保ちつつ、革を仕上げることの重要で欠かせないのが調色です。

色を作るだけではなく合わせる調色について皮革用塗料の専門家の視点で解説を纏めています。8,000文字を超える新たな書き下ろしとなります。

*非会員の方は有料となりますが、会員の方には無料公開となります。無料会員期間を設定していますので、活用くださいませ。

続きを表示するには、入会が必要です

皮革用塗料の専門家りうの実験室

ご入会手続き中に完売することもございます。


販売価格 入会料金 入会/詳細
入会後無料
※退会後閲覧不可 詳細はこちら

3日間無料

1,100円/1ヶ月

入会する

サロンに入会中または購入済みの方はこちら

続きを閲覧するには、DMMアカウントへのログインが必要です。

サロンに入会せず続きを見る

販売価格 入会/詳細
550円

購入する

オンラインサロン情報

3日間無料

皮革用塗料の専門家りうの実験室

皮革用塗料の専門家りうの実験室

1,100円/1ヶ月
サロンページを見る

サロン紹介

皮革用塗料の専門家Liuが運営するオンラインサロンになります。 ビジネスや趣味を問わずに革に対しての仕上げを追求できる環境を目指しています。
運営ツール
DMM オンラインサロン専用コミュニティ

あなたにおすすめの他サロン

おすすめサロンをすべて見る
ページトップに戻る