ヘルプ

道徳二元論のすすめ8 – コロナ危機の中で見直すべき国のあり方

テキスト

道徳二元論のすすめ8 – コロナ危機の中で見直すべき国のあり方
●要請無視に対する最高の罰則とは
 日本では辛うじて感染爆発は起きていないものの、感染拡大は続いており、医療現場はすでに疲弊しているようです。院内感染も複数個所で発生し、物資も不足しています。まだピークアウトには時間がかかりそうです。
 一方で、休業要請を無視して営業を続けるパチンコ屋と、そこへ列をなして通う客が後を絶ちません。地方の観光地も人や車で溢れ、知事が「来ないでくれ!」と叫んでいます。
 海外の人からすると信じられない光景です。緊急事態宣言が出されるのはもちろん有事ということですから、海外では平時とは全く異なるルールで厳しい制限が敷かれます。オーダー(order)と呼ばれる要請に違反すれば刑事罰の対象となり、高額の罰金が科され、懲役刑もあり得ます。著しく私権を制限することになりますが、それが有事であり、緊急事態宣言の目的ですから、それ自体に異議を唱える人はほとんどいません。全体の生存が危機に晒される戦争状態だからです。
 ところが、日本では総理大臣以下、お願いしてばかりです。要請が無視されたら指示ができる、というのですが、いずれにしても法的強制力がありません。パチンコ店には公然と無視されたりします。そこでどうするか? 店名を公開するというのです。
 これ、ため息が出るほど日本的です。最高の罰は、名前を晒して世間様に恥を晒すことだというのです。さすがは恥の文化の国です。しかし、パチンコは中毒性の高いギャンブルです。店名を公開したら、「お、あそこはやっているのか?」と客が殺到することにならなければいいのだが、と懸念していたら、案の定そのとおりとなってしまって……。
 日本は災害の多い国で、これまで多くの苦難を国民の民度の高さ、勤勉さ、協調性で乗り切ってきました。大災害の後でも暴動や略奪が起こらない稀有な国として称賛を浴びてきました。だから、日本人は危機管理能力が高いと思われてきました。しかし、今回のもたつきぶりは海外から奇異の目で見られています。幸い死者数が少ないからいいものの、いったい何をやっているんだ? という感じです。
●今こそ、“普通の国家”を目指すべき
 ある意味、地震や津波はわかりやすい災害です。局地的で、誰の目にも明らかな災害です。しかし、感染症のアウトブレイクは見えない敵との闘いです。特にコロナウィルスは感染者の半分は無症状で、発症しなくても他人に感染するステルス性が最大の特徴です。油断しているうちにどんどん広まってしまい、ある日感染爆発を起こすと短時間で医療崩壊が起こり、死亡率が急上昇してしまいます。あっという間に重篤化して亡くなってしまうケースも多くあります。
 この新しいタイプの危機に瀕して、個人まかせの危機管理には限界があることが明らかになったということです。

続きを表示するには、入会が必要です

雪風の会

ご入会手続き中に完売することもございます。


販売価格 入会料金 入会/詳細
入会後無料
※退会後閲覧可 詳細はこちら

770円/1ヶ月

入会する

サロンに入会中または購入済みの方はこちら

続きを閲覧するには、DMMアカウントへのログインが必要です。

オンラインサロン情報

雪風の会

雪風の会

770円/1ヶ月
サロンページを見る

サロン紹介

日本を良くしたい、でもひとりでどうしていいかわからない。そんな国内外の人々がネットで緩く繋がって意見交換しながら、主催者山岡鉄秀を中心に支え合いながら和気あいあいと前向きに、より良い日本の実現を目指します。
運営ツール
DMM オンラインサロン専用コミュニティ

あなたにおすすめの他サロン

おすすめサロンをすべて見る
ページトップに戻る