ヘルプ

ヒゲの文化と民族

テキスト

ヒゲの文化と民族

ヒゲの文化と民族

現代の日本においてのヒゲはファッションの一部として認識された感があります。

社会人がヒゲを生やしているのはみっともない、という考え方が当たり前だったこれまでの風土へのカウンターとしてヒゲが見直されてきた証であるとも
言えます。

しかし、日本以外の国では「ヒゲを生やす」ことが社会人にとって当たり前であるということも珍しくありません。

ここではそういった世界におけるヒゲを巡る文化の違いにスポットを当てていきます。

~アジア圏でのヒゲ文化の違いを考える~

そもそも、日本におけるヒゲの扱いは中国から輸入されたものを基盤としたものでした。

戦国時代まで、ヒゲは生えるままに伸ばした武骨な顔立ちのままであることが多く、カミソリでヒゲを全て剃るようになったのも江戸時代中頃からです。

日本におけるヒゲの捉え方は、カミソリや鏡の製造技術が伝来した後、中国とはまったく違うものになっていったのです。

◎中国でのヒゲの捉え方

日本にカミソリや鏡などのヒゲ剃りに欠かせない道具を伝えた中国では、ヒゲはどのように捉えられていたのでしょうか。

続きを表示するには、入会が必要です

HIGE ACADEMY

ご入会手続き中に完売することもございます。


販売価格 入会料金 入会/詳細
入会後無料
※退会後閲覧不可 詳細はこちら

1,100円/1ヶ月

入会する

サロンに入会中または購入済みの方はこちら

続きを閲覧するには、DMMアカウントへのログインが必要です。

サロンに入会せず続きを見る

販売価格 入会/詳細
550円

購入する

オンラインサロン情報

HIGE ACADEMY

HIGE ACADEMY

1,100円/1ヶ月
サロンページを見る

サロン紹介

ヒゲのスペシャリスト田中成実が主宰するヒゲの学び舎です。 ヒゲは男の象徴。男だけに許された大人の嗜み。ダンディズムの極み。 ヒゲ好き達が集まり意見交換したり楽しく学びながらヒゲ知識を高めあうヒゲ専門のアカデミーです。
運営ツール
DMM オンラインサロン専用コミュニティ

あなたにおすすめの他サロン

おすすめサロンをすべて見る
ページトップに戻る