ヘルプ

オリパラレガシーとしての「品川区×ホッケー」共創プロジェクト

テキスト

オリパラレガシーとしての「品川区×ホッケー」共創プロジェクト
招致が決定した際には想像もしなかったコロナ渦で、その開催の是非に関しても様々な意見が出る中、開幕が近づく東京オリンピック・パラリンピック。開催の是非に目が行ってしまい忘れがちになるのが「開催後」の事である。SBA THE BASEでも2019年10月に「東京2020のあとに何を残すか〜ホッケーの現状から学ぶ~」と題して、日本ホッケー協会の坂本幼樹事務局長にポスト2020に向けての取り組みに関してお話し頂いた。
日本ホッケー協会はその後、ポスト2020の中長期プランである「Road to 2030」を策定し、またその一貫としてオリンピックのメイン会場がある品川区との共創プロジェクトを実施しており、着実に「開催後」に向けて動き出している。
今回のサロンでは、「品川区×ホッケー」共創プロジェクトを実際に主導した坂本幼樹事務局長を含む4人のプロジェクトメンバーをお招きし、共創プロジェクトの現実と可能性をお話頂くと同時に、会員の皆さまと一緒に「オリパラ後のスポーツの未来」を考えたい。


サロン概要

日程:2021年6月29日(火) 20:00~22:00
ツール:Zoom ウェビナー
※後日会員様向けにアーカイブ配信を予定しています。

登壇者プロフィール

▼坂本幼樹(公益社団法人日本ホッケー協会 事務局長)
1973年11月生まれ 岐阜県高山市出身。株式会社富士銀行(現、みずほ銀行)で約10年間、米投資銀行 Morgan Stanleyで約12年間を企業の買収合併(M&A)のアドバイザーとして勤務。「いつかスポーツの世界で仕事がしたい」という気持ちから2017年にスポーツヒューマンキャピタル(SHC)を第三期生として受講。投資銀行の業務を続けながらスポーツ経営を学ぶ。2018年8月に公益社団法人日本ホッケー協会事務局長に就任。

===========================
▼竹中茂雄(旧東海道品川宿周辺まちづくり協議会/一般社団法人しながわシティスポーツクラブ)
1981年年生まれ横浜市生まれ。法政大学出身。SHINAGAWA CITY FUTSAL CLUB。夢は『世界の隅々まで、スポーツの楽しさを届ける、飛脚になる。』趣味は走ること。
▽サッカー指導歴
・FC品川 2004年〜2006年.2009年〜現在まで
・FC戸越 2004年~
・横浜F・マリノス 2006年〜2008年
・東海道品川宿FC 2016年~
▽資格
・JFA公認サッカーC級
・JFA公認フットサルC級
・JFAスポーツマネージャー ズカレッジ修了
・準認定ファンドレイザー

===========================
▼大多和亮介(大和シルフィード株式会社 代表取締役社長/Jリーグ社会連携プロジェクトメンバー)
2007 年早稲田大学大学院修了後、横浜マリノス株式会社入社。
2012 年からは学校法人まこと幼稚園副園長、洗足子ども短期大学非常勤講師、横浜国立大学大学院。
2017 年にマリノス復帰。強化部を経てマーケティング部署へ。2019 年には、優勝を決めた試合において 63,854 人のリーグ観客動員記録、日産スタ年間平均観客数のクラブ記録を達成。
2020 年から大和シルフィードへ完全移籍。クラブのプロ化に取り組みながら、J リーグ社会連携本部「シャレン!」の企画プロデュースも行う。

===========================
▼上井雄太(株式会社フューチャーセッションズ/Jリーグ社会連携プロジェクトメンバー)
株式会社フューチャーセッションズ イノベーション・ファシリテーター
IAF Certified™ Professional Facilitator
略歴:
慶應義塾大学卒業後、株式会社デンソー勤務を経て、2013年5月に株式会社フューチャーセッションズの掲げるビジョンに共感し入社。
2013年9月には当時日本人最年少でIAF Certified Professional Facilitator(国際ファシリテーターズ協会認定プロフェッショナル・ファシリテーター)を取得。
現在は、企業の新規事業創造や組織変革、行政の社会課題解決やまちづくりなどの年間80回を超えるファシリテーションを実施。
ラグビーワールドカップ2019レガシー創造セッション、Jリーグ社会連携セッションなどスポーツと、企業、行政、NPOを掛け合わせ、新しい価値を創造するプロジェクトにも携わる。
現在は、スポーツ共創ファシリテーターとして、Jリーグ社会連携プロジェクト、ラグビー共創プロジェクトなど「スポーツ×ビジネス×地域」をテーマにした多数のセッション・プロジェクトを実施

===========================
▼杉原海太(SBA理事、スポーツコンサルタント)
東京大学工学部修士課程修了 /The FIFA Master (International Master in Management, Law and Humanities of Sport)修了
▽現職
スポーツコンサルタント
▽主な経歴
1996年に東京大学工学部修士課程修了後、デロイトトーマツコンサルティング等にて戦略、業務改革、ITコンサルティングに従事。 2005年にThe FIFA Master 第5期生として修了した後、2006年から8年間勤務したアジアサッカー連盟では、Head of Developmentとして各国リーグ・クラブ支援プログラム(AFC KICK OFF Programme)の立ち上げに尽力した。 2014年からは日本人初のFIFA Consultantとして、協会・リーグ・クラブのガバナンス(Professional Football Department, FIFA Club Licensing System)、戦略立案・業務改革 (FIFA PERFORMANCE Programme)、 及びITコンサルティング(FIFA Connect Programme)の分野において、アジアだけではなく世界の各地域で活動。 2020年からは日本の複数のスポーツ関連プロジェクトに従事。日経へのコラム寄稿多数。








続きを表示するには、入会が必要です

スポーツビジネスアカデミー | THE BASE

販売価格 入会料金 入会/詳細
入会後無料
※退会後閲覧不可 詳細はこちら

1,000円/1ヶ月

入会する

サロンに入会中または購入済みの方はこちら

続きを閲覧するには、DMMアカウントへのログインが必要です。

オンラインサロン情報

スポーツビジネスアカデミー | THE BASE

1,000円/1ヶ月
サロンページを見る

サロン紹介

スポーツビジネスの第一線で活躍しているスポーツビジネスアカデミー(SBA)の理事4人が集結。様々なフィールドのプロフェッショナル、スペシャリストとともにスポーツ産業の変革を本気で実現したい方のためのオンラインサロンです。

あなたにおすすめの他サロン

おすすめサロンをすべて見る
ページトップに戻る