お知らせ クーポン ヘルプ

【各論講座】『短期足のタイミングどり』基準の作り方

動画

【各論講座】『短期足のタイミングどり』基準の作り方

「目線は決まっているが、"いざエントリー"のタイミングで迷う」


FXトレードにおいて9割の人が悩んでいるであろう、最後のエントリータイミングの取り方

「いや、そんなものより自分の目線を信じる環境認識が大事だよ」と言われつづけ、モヤモヤしていた人も多いことでしょう。


確かに、タイミングどりだけを覚えてもトレード自体勝てるわけではないのは事実です。


しかしながら、相場環境を捉え、目線を決めても最後のエントリー判断に迷ってしまうと

その時に判断を見送っても、勝っても、負けても、自分がその結果を『納得して受けいれる』ことができなくなります。


その状態では次のトレードでも迷い続けることになるし、悪くすればルール違反のポジポジを併発することにもなりかねません。


この各論コンテンツは、ベースのデイトレ手法である『omu理論』を基準にして

最後のエントリー判断で迷わない "基準" の作り方『テキスト』『映像コンテンツ』でお送りします。


ちなみに、映像は質問座談会形式で行うため、2/19(月)21:00までに購入いただければZOOMでの公開収録に参加いただけます。

僕に直接質問もできる、とてもオトクな内容となっています。

※期日後でも、当日の収録映像のアーカイブは視聴可能です

※今回の収録で終わりではなく、その後も追加で収録映像を拡充していきます


少しだけその内容を紹介すると、この『タイミングどりに迷わない基準』を作るためにキモとなるのは

M1~M5足の短時間足によるパターン分解』のやり方に "ある基準" を設けることです。


この要所を押さえることで

・必要以上に大きなロスカット幅を置かなくても、勝率を確保しながら勝った時の利益が大きいトレードができる(リスクリワードの改善)

・基準パターンの否定=ロスカット という明確な理由で納得してロスカット、建値撤退ができる


まさに、世のトレーダーが「これさえできればなぁ、、、」と思う理想的なトレードを実現できるのです。

ちなみに、omu理論ではない異なる手法でトレードしている人にも、『タイミングどりの "基準" 作り』という考え方は参考になること間違いなしです。


・目線は合うのになかなか勝ちトレード(利益)繋げられない

・エントリーの瞬間に迷いが出て、いつもモヤモヤしている


そんな人は今回の各論講座に参加してみてください。

続きを表示するには、入会が必要です

omukuro通信予備校

ご入会手続き中に完売することもございます。


販売価格 入会料金 入会/詳細
2,500円

1,000円/1ヶ月ごと

サロン詳細へ

サロンに入会中または購入済みの方はこちら

続きを閲覧するには、DMMアカウントへのログインが必要です。


オンラインサロン情報

omukuro通信予備校

omukuro通信予備校

1,000円/1ヶ月ごと
サロンページを見る

サロン紹介

DMMオンラインサロン(FXカテゴリ)で【トップクラス】の実績を誇るサロンでFXの基礎技術を徹底的に学ぼう!
運営ツール
DMMオンラインサロン専用コミュニティ

あなたにおすすめの他サロン

おすすめサロンをすべて見る
ページトップに戻る