お知らせ クーポン ヘルプ

Web小説の書き方。冒頭で、もっとも注意すべき点とは?

テキスト

Web小説の書き方。冒頭で、もっとも注意すべき点とは?

この記事の作者はプロのラノベ作家です。


Q.Web小説の冒頭の書き方で、注意すべき点は以下だと考えているのですが、いかがでしょうか?

①ログラインを早く示す。

主人公の目的ややりたいことを提示して、実際にそのためのアクションをする。


②読者にとっての旨味を、なるべく早く出す。


①をしつつ、これができると良いかと考えています。旨味とは、外れスキルが覚醒して無双のような具体的なアクションだけでなく。
主人公はこのような点が特別で、今は不遇だけどこれから成り上がっていきます。逆転します、という期待感を読者に抱かせることだと考えています。
現在のWEB小説は、この期待感で引っ張るというのが、かなり重要かなと考えています。

A.「Web小説」の冒頭の書き方について、以下個人的な見解を書かせていただきます。

①ログラインを示すこと
②読者にとっての旨味をなるべく早く出すこと


上記2つはどちらも重要なのは間違いないのですが、より重要なのは


「私=著者は、これからテンプレートを書いていきますよ」ということを1ページ目で示すということです。


極端な例としては、
「主人公キャラがダンジョンでモンスターを倒すが、『配信数がのびないなあ……』と、自身のダンジョン攻略生配信が盛り上がらずにしょんぼりしているシーン」を1ページ目に書けば、

これは読者に対して『私=著者は、これからダンジョン配信モノというテンプレートを書いていきますよ!』とアピールをしていることになります。

また極端な例として、主人公がギルドを追放されるシーンから始まれば、これは読者に『私=著者は、これから追放&ざまぁ系のテンプレートを書いていきますよ!』というメッセージを送っていることになります。

このように、とにかくWeb小説では1ページ目に『私=著者は、これから今ウェブで流行っている○○テンプレートを使用します!』と宣言をすることがなにより重要です。

逆に、「主人公は将来海賊王になりたいと思っている少年。そのために今はとにかく強くなりたいと思っている」といった内容を1ページ目に出しても、
ログラインは分かりますが、読者から『で、これって何のテンプレートを使う宣言? 追放もの? ダンジョンもの? 無自覚無双もの? 分からないので読みたくない』と思われてしまい、伸びる可能性は低いと思われます。

新人賞ではこのあたりまた少し話が変わってくる部分がありますが、とにかくwebで重要なのはこの『今流行の○○テンプレート使います』宣言です。

この点さえ気をつけていれば大きく失敗することはないのではないかと個人的には考えています。


2024年5月23日に作成した記事


エンタメノベルラボに入会するとより高度な情報が閲覧できます。

ぜひ入会してください!


オンラインサロン情報

エンタメノベルラボ

エンタメノベルラボ

3,000円/1ヶ月ごと
サロンページを見る

サロン紹介

webからの書籍化&新人賞受賞者、続々出現!小説で食べていくことを目指すサロン。プロの講座、ガチ批評会、人気作の分析会など、初心者でも安心して上達できる環境を整えています。小説投稿サイトで月1~3万円稼ぐメンバー多数
運営ツール
DMMオンラインサロン専用コミュニティ

あなたにおすすめの他サロン

おすすめサロンをすべて見る
ページトップに戻る