お知らせ クーポン ヘルプ

理美容業界の未来《美容師の給料編②》

テキスト

理美容業界の未来《美容師の給料編②》
前回、「美容師の給料編」をお伝えしましたが、
今回は第2弾として生産性・価格・価値についてお伝えしようと思います。

将来、スタッフの初任給が時給換算で1,500円になった場合、
会社の負担額は288,235円のになります(保険、年金を含む)。

皆さんの会社はこの条件をどのようにして解決するか
対策は練ってありますか?

生産性に関しては前回の記事で少しお伝えしましたが、
今回はさらに生産性と給料の課題を深掘りし、
この給料がしっかりと払える会社になり、
繁盛店を築いていきましょう。

現在では考えられないかもしれませんが、
将来は最低でもスタイリスト45万円、アシスタント30万円が
スタートラインになると僕は考えています。

過去30年間を振り返ってみたときに、
理美容業界では大きな変化がおきました。
いつ、どんなことが起きたかご存知ですか?

約30年前くらいになると思いますが、バブルが弾けた後
理美容業界に大型店舗出店とコミッション制が導入された時です。
この時に大きく店舗展開の流れが変わりました。

この波に乗って大きく店舗展開をされたのが
皆さんもよくご存知のオーナーたちです。

やはり時代の波に乗らないと生き残っていくことが難しいと感じています。
そんな僕もこの時期に規模こそ違いますが、
大型店舗の出店とコミッション制を取り入れ、
現在の会社の基礎を築き上げました。

それでは本題に戻りましょう。
現在は美容学校卒業生の給料が約20万円ですが
今後、10年かけて30万円になることを想定し、
今からどんな準備をやるべきでしょうか?

続きを表示するには、入会が必要です

IT化による理美容室の戦略的経営~準備万端でオープンの不安を無くそう!

ご入会手続き中に完売することもございます。


販売価格 入会料金 入会/詳細
入会後無料
※退会後閲覧可 詳細はこちら

1,100円/1ヶ月ごと

サロン詳細へ

サロンに入会中または購入済みの方はこちら

続きを閲覧するには、DMMアカウントへのログインが必要です。


フォロー特典

オンラインサロン情報

IT化による理美容室の戦略的経営~準備万端でオープンの不安を無くそう!

IT化による理美容室の戦略的経営~準備万端でオープンの不安を無くそう!

1,100円/1ヶ月ごと
サロンページを見る

サロン紹介

理美容室の新規オープンに特化したシステムでスタートし、成功する運営ノウハウを伝授。 生産性が高い理美容師、多様な面で常に顧客のニーズに応えられるアドバイザー理美容師としての活躍を目指す。
運営ツール
Facebook

あなたにおすすめの他サロン

おすすめサロンをすべて見る
ページトップに戻る