お知らせ クーポン ヘルプ

「調剤薬局」倒産時代にとるべき3つのアクション

動画

「調剤薬局」倒産時代にとるべき3つのアクション

You Tubeでの狭研チャンネルでの公開の前に、先行してお届けいたします。

東京商工リサーチが発表した「調剤薬局」倒産激増のデータ。ちょうど同時期に厚生労働省から発表された国民医療費の動向における、調剤に関するデータ。これらから読み解けることは「調剤薬局」が倒産する時代に入ったということです。そんな業界で、私たちがとるべきアクションは何でしょうか。

本サロンのメンバーにはいつも申し上げていることですが、水車小屋型薬局は、水源が潤沢な時は最高のビジネスモデルです。集客もいりません。水源のメインテナンスと、水車小屋の中の管理をしていけばよいのです。しかし、CIPPSによって、水源が涸れるというまさかのことが起こりました。そして、この水源涸れは一時のものではなく、世の中のシステムに付随する抜本的なものです。

いわば下りのエスカレーターを必死に登る状態が、今後も続くのが「調剤薬局」というビジネスモデルなのだと思います。

では、どうすれば、良いのか。答えはシンプルです。「調剤薬局」というモデルから離れれば良いのです。

続きを表示するには、入会が必要です

狭間研至 薬局経営3.0俱楽部

ご入会手続き中に完売することもございます。


販売価格 入会料金 入会/詳細
入会後無料
※退会後閲覧可 詳細はこちら

7日間無料

11,000円/1ヶ月ごと

入会する

サロンに入会中または購入済みの方はこちら

続きを閲覧するには、DMMアカウントへのログインが必要です。

サロンに入会せず続きを見る

販売価格 入会/詳細
1,100円

購入する


フォロー特典

オンラインサロン情報

7日間無料

狭間研至 薬局経営3.0俱楽部

狭間研至 薬局経営3.0俱楽部

11,000円/1ヶ月ごと
サロンページを見る

サロン紹介

薬局経営についての悩みや不安を解消できるヒントと行動するための勇気、そして、一緒に学んでいく仲間が手に入ります
運営ツール
DMMオンラインサロン専用コミュニティ

あなたにおすすめの他サロン

おすすめサロンをすべて見る
ページトップに戻る