TOP
検索

第1期
オンラインサロンメンバー募集中!

8,640円 /1ヶ月

入会する

利用規約に同意の上、入会する

オーナープロフィール

猪瀬直樹

1946年長野県生まれ。86年『ミカドの肖像』で第十八回大宅壮一ノンフィクション賞受賞。2002年6月末、小泉純一郎首相より道路公団民営化委員に任命される。東京大学客員教授、東京工業大学特任教授などを歴任。

2007年6月、東京都副都知事に任命される。2012年に東京都知事に就任、2013年12月、辞任。
2015年9月、文明研究所(http://japancivilization.org/)、所長就任。2015年12月、大阪府・市特別顧問就任。

主著に『ペルソナ 三島由紀夫伝』『ピカレスク 太宰治伝』『道路の権力』『道路の決着』(文春文庫)、『昭和十六年夏の敗戦』『天皇の影法師』(中公文庫)、『猪瀬直樹著作集 日本の近代』(全12巻、小学館)。
近著に『救出』(河出書房新社)『東京の敵』(角川新書)がある。



【主な著作】

『東京の敵』 (角川新書)

『ミカドの肖像』(小学館文庫)


『ペルソナ―三島由紀夫伝 』(文春文庫)

『民警』(扶桑社)

『救出』(河出書房新)


『日本の近代 猪瀬直樹著作集』(小学館)


『ラストニュース』(小学館文庫)

オーナーからのお知らせ

  • 2017年07月27日第1期の募集を開始しました。

猪瀬直樹の「近現代を読む」

猪瀬直樹

オンラインサロン詳細

== ======
※学生・シニア(60才以上)の方はこちらの限定ページをご覧ください↓↓
https://lounge.dmm.com/detail/544/
========


サロン概要

「猪瀬直樹サロン」は、戦前・戦後の知識人や事件を参考図書と共に取り上げ、学べるオンラインサロン。激動の昭和時代、確かにあった知識と経験を、現代の視点から再び読み解き語ります。

憂国の視点を持ちつつ安直な国家批判や既得権益批判は決してしない、作家・猪瀬直樹ならではのファクトとエビデンスに基づいた批評と、現代に活かす前向きな姿勢を保つ、日本の課題を考える現代の教養塾です。

既存のメディアとは一味違う、新しい活字体験と思考体験をお約束します。