TOP
検索

サロンのプランを選択する

第5期 メンバー募集中!

通常プラン

8,640円 /1ヶ月

入会する

利用規約に同意の上、入会する

第1期 メンバー募集中!

学生・シニア(60才以上)限定プラン

4,320円 /1ヶ月

入会する

利用規約に同意の上、入会する

オーナープロフィール

猪瀬直樹

1946年長野県生まれ。86年『ミカドの肖像』で第十八回大宅壮一ノンフィクション賞受賞。2002年6月末、小泉純一郎首相より道路公団民営化委員に任命される。東京大学客員教授、東京工業大学特任教授などを歴任。

2007年6月、東京都副都知事に任命される。2012年に東京都知事に就任、2013年12月、辞任。2015年12月、大阪府・市特別顧問就任。

2015年より日本文明研究所(http://japancivilization.org/)所長。

主著に『ペルソナ 三島由紀夫伝』『ピカレスク 太宰治伝』『道路の権力』『道路の決着』(文春文庫)、『昭和十六年夏の敗戦』『天皇の影法師』(中公文庫)、『猪瀬直樹著作集 日本の近代』(全12巻、小学館)。

近著に『救出』(河出書房新社)『東京の敵』(角川新書)がある。


【主な著作】


『平成の重大事件』(朝日新書)<田原総一郎氏との共著>

たび重なる大震災、2度の政権交代で変わらなかった政治体質。

少子化と反比例するように増え続けた国の借金──後退戦を続けた平成の30年間、いったいどこで失敗した?

日本のタブーに斬り込んできた二人が読み解く、平成の転換点とその未来。



『ここから始まる 人生100年時代の男と女』(集英社)<蜷川有紀氏との共著>

カップルは、128歳。実体験に基づく、人生100年代時代の愉しみ方。

5月16日に婚約を発表した猪瀬直樹と蜷川有紀。その男と女の始まりを、第一部ではふたりの対談形式をとって猪瀬直樹が物語のように綴り、第二部は蜷川有紀の日記仕立てのエッセイによって状況が語られていく二部構成の書籍。カバー画をはじめ、計16点の蜷川による美しい挿絵も情感をより高めている。

まさに実体験に基づく、人生100年時代の愉しみ方。多くの読者に、好奇心を忘れず、人生に満足せず、いつまでもチャレンジ精神を持ち続けたい、と思わせてくれる一冊だ。



『明治維新で変わらなかった日本の核心』(PHP新書)<磯田道史氏との共著>

明治以降、なぜ日本は近代化に成功したのか。それは明治維新で日本が変わったのではなく、成功の要因がすでに江戸時代までの歴史の中で形づくられていたからだ。日本には、古代から変わらない「国の核心」がある。古来、培ってきた組織原理や行動原理、権威に対する考え方などが、今なお日本人に大きな影響を与えている。その「日本的原理」の長所と短所を知らねば、この国で成功をつかむことは難しいし、いかなる変革も望めない。では、「この国の秘密」とは何か?―平安時代から江戸時代まで「通史的思考」で読み解き、日本のあり方に迫る、白熱討論。