ヘルプ

ヴィジュアル系かく語りきvol.02 Mana様 × YURAサマ

テキスト

ヴィジュアル系かく語りきvol.02 Mana様 × YURAサマ

「ヴィジュアル系かく語りき」

伝説のヴィジュアル系バンド「MALICE MIZER」創始者のMana様が、同じ時代を駆け抜け
てきたバンドマンや関係者をお招きし、V系シーンについて語りつくす新企画「ヴィジュアル系かく語りき」始動!
第2弾は、MALICE MIZERとはまったく接点はないもののヴィジュアル系という激動のシーンの中で一時代を築いた異色のバンド、Psycho le CémuのYURAサマが登場!
Mana様×YURAサマの“様サマ”対談です。(文・構成/本田水奈子)

――YURAサマは今回の対談の依頼が来た時は、どんなお気持ちでしたか?

YURAサマ:僕、実はここ数年ずっといろんな取材先で「どなたか対談したい方はいますか?」と聞かれるたびに、必ず「Mana様で!」と答え続けていたんです。なのにずーっとその要望が実現してこなかったので「ははーん。これはMana様からNGが出ているんだな」って勝手に解釈していたんです。

Mana:えっ。

YURAサマ:だからまさか今回、こういうお話をMana様からいただけるとは衝撃でした。逆に「僕でいいんですか!?」って感じで。

Mana:えぇ。

YURAサマ:色んな人にも聞いてたんです。Mana様と対談できないかなって。

Mana:いろんな人って例えばどんな?

YURAサマ:それこそKaya姫とかにも「一回Mana様に会わせて下さいよ」って言ってて。

Mana:なるほど。そしたら?

YURAサマ:そしたらKaya姫から「たぶんMana様とYURAサマは(性格が)合わないと思う」って言われて「ガーン!」って! 

Mana:あ、そう(笑)

YURAサマ:だから今回、まさかMana様の方から!? って思いました! 光栄です!


――ということは、今日が完全なる初対面だということですか?

YURAサマ:はい。そうです!緊張しています。一応今日、Mana様と対談することをPsycho le Cémuのメンバーにも伝えて……。

Mana:ほぉ。

YURAサマ:失礼のないように、と言われてきました。

Mana:ちなみに、YURAサマは「サマ」までが名前なんでしょ? 呼ぶときは「YURAサマ君」って呼べばいいの?

YURAサマ:いえいえ、「YURAサマ」と呼び捨てにしていただいて結構です!

Mana:「YURAサマ」って呼べば呼び捨てになるんだ……(笑)

YURAサマ:すみません!! ほんとすみません笑 メンバーには失礼のないようにと言われておきながら、Mana様にサマ付けで呼ばせてしまうなんて、すでに失礼ですよね!
ホント、先輩の方にご挨拶するときに心の底から「この名前、間違えた~!」っていつも思います!

Mana:「サマ」までが名前だもんね。

YURAサマ:そうなんです。ほんとすみません笑

Mana:(微笑)了解。

YURAサマ:取材先に「誰と対談したい?」って聞かれたときは「Mana様と『様×サマ対談』っていうのはどうですか?」と言ってたんです。僕が言うのもアレなんですけど、名前に様がついてるってどんな気持ちなのかな、とか聞いてみたかったので。

Mana:(微笑)私の場合は名前には様はついていないけどね。

YURAサマ:あ、そうですよね。周りがいつしか様をつけて呼び出したという感じですよね。僕の“自称、サマ”とはエライ違いですもんね。僕は無理やり人にサマ付けて呼ばせちゃってるので。Mana様のように、人から本当の意味で様付けで呼ばれてるってどんな気持ちなんだろうって。

Mana:うーん。

YURAサマ:学校の教師とかお医者さんが「先生」って呼ばれるじゃないですか。先生=偉い人、みたいな。それと同じような気持ちになることって、あります?

Mana:様がついてるから偉いんだっていうのはないな。普通に“MALICE MIZERのギターのMana”って表記していたのに、いつの間にか自然発生的に様で呼ばれるようになってたから。

YURAサマ:いつくらいからですか?

Mana:インディーズの頃なんだよね。ある程度活動していく流れでいつの間にか。

YURAサマ:僕がMana様の存在を知った時にはすでに「Mana様」でした。

Mana:様で呼ばれる機会が増えてきたけど、別にあえてやめてくれとか否定もせず。

YURAサマ:そのまま受け入れたわけですか。

Mana:う、うん…。(微笑)いつの間にか定着しちゃってたね。

YURAサマ:Mana様以前に、様付けを使われていたミュージシャンの方っていらっしゃるんですか?

Mana:いや、聞いたことないな。

YURAサマ:そうですよね。ってことは、Mana様が元祖ですよ。

Mana:そうなのかなぁ。

YURAサマ:Mana様以降、僕の中で分析していたんですけど、ステージネームを2文字にすれば「様」を付けて呼んでもらえる可能性がある!っていう説があって(笑)それで僕、自分のステージネームを決めるときにゼッタイに2文字の名前にしようと思ったんです。

Mana:ほぉ。

YURAサマ:「サマ」で呼ばれたい一心で!

Mana:(微笑)





――元祖としては、後からもうひとり「サマ」が付いたアーティストが出てきたって知った時は、どう思われたんですか?

Mana:プロフィール見た時に、名前にすでに「サマ」がついてる!って思って。

YURAサマ:ふざけてますよね(笑)

Mana:自分で「サマ」を付けちゃってる人って見たことないなと。

YURAサマ:僕も以前からMana様のことはいろいろと調べさせてもらっていますけど、様(サマ)がついている以外、共通点は見当たらないなぁと。Mana様は料理がお得意っていうのを調べて知ったんですけど。

Mana:そうだね。

YURAサマ:僕、料理が全然できないんです。

Mana:あ、そうなの?

YURAサマ:あと、ゲームがお好きっていうことなのでひょっとしたら共通点かも!? と思ったんですけど、好きなゲームのジャンルがまったく違うっぽいなと。

Mana:何系のゲームが好きなの?

YURAサマ:僕ロールプレイングゲームが好きなんです。ドラゴンクエストとかファイナルファンタジーとか。

Mana:はいはい。

YURAサマ:Mana様は主にホラー系ですもんね。

Mana:まあ、そうね。RPGも好きではあるけど、まあホラー系かな。

YURAサマ:ですよね。だから、今日は何を話そうかと。


――ちなみにYURAサマは初めてMana様の存在を認識したのって、いつ頃だったか覚えていますか?

YURAサマ:僕はまだ地元でバンドを始めたくらいの頃にテレビでMALICE MIZERを見てました。あ、そうだ。僕、Mana様に会えることがあったら見てもらいたい写真があって……。実は今日あるので見てもらえますか?

Mana:え、なに?

YURAサマ:(席をはずして荷物をゴソゴソ)絶対にご存じないと思うんですけどPsycho le Cémuの一番最初のアー写がコレなんです。

Mana:ん?(ジーッ)

YURAサマ:これが僕なんですけど。 

Mana:あー。頭にトゲトゲしたのがついてるね。

YURAサマ:……完全にMana様をパクらせていただきました!

Mana:だよね(笑)

YURAサマ:この機会に、「パクらせていただきありがとうございます」と「本当にすみませんでした!」というのを言わなければと思って。

Mana様:なるほどー。

YURAサマ:丸パクリでした!

Mana様:(微笑)

YURAサマ:当時、普通にMALICE MIZER「カッケーな!」と思ってて、あの世界観をパクらないと!と。もちろんPsycho le Cémuはゲームの世界観なのでMALICE MIZERとは全然違うんですけど、ヴィジュアル系って黒一色じゃないんだっていうのをMALICE MIZERから教えてもらいまして。バンドを始めたころって、人気があるバンドの〇〇っぽいって言われたい感があったんですよ。という感じで、Mana様っぽいといわれたいなと思ってて。

Mana:へぇ。そうなんだ。この写真は今まで見たことなかったな。

YURAサマ:ホント、一番最初のやつなのであんまりメディアには出ていない写真ですね。

Mana:そうだよね。

YURAサマ:もしも当時ご覧になっていたらお怒りに……?

Mana:いや、怒りはしないけどファンの人がザワザワしたかもしれないね(腐腐腐)

YURAサマ:当時の僕たちのことを知ってた人は、ちょっとザワついてたと思います。



↑実際にYURAサマに見せていただいたお写真。


――Mana様から見たPsycho le Cémuってどんな印象でしたか?

Mana:私が初めてPsycho le Cémuを見たのは『聖~excalibur~剣』のPVだと思うんだよね。

YURAサマ:おぉ、Mana様の口から僕らの曲名が出るってスゴイですね!たぶんあのあたりからちょっとずつテレビにも出させてもらうようになりました。

Mana:そうだよね。今までのヴィジュアル系とはちょっと系統が違うなっていう印象を持ったのを覚えてる。ちょっとキテレツな感じなのが出てきたぞって。

YURAサマ:まさかMana様にキテレツと言ってもらえるとは! 完全に褒め言葉だと受け止めます!

Mana:それが第一印象だったかな。なんかそれまでのヴィジュアル系にはない何かを打ち出そうとしてるんだろうなっていう意図は感じた。
YURAサマ:ありがとうございます。そう言ってもらうとうれしいです。

Mana:ダークな方向ではなく、明るいというか。

YURAサマ:笑ってもらってナンボ、みたいなバンドですね。

↑YURAサマがMana様に写真を見せている様子


この続きはサロン会員専用ページにて公開!


後半のトピックは…
■Mana様、後輩バンドの女形に物申す!?
■心霊スポットで・・・
■Mana様とYURAサマがYouTubeで初コ〇ボ!? 

========================

▶︎▶︎▶︎▶︎YURAサマ information


「サマ活はタノシー♪」
YURAサマオンラインサロン「Colorful Life♪」はこちら(月額¥500~)
https://community.camp-fire.jp/projects/184643/preview?token=1bjxgu7b

ツイッター YURAsamaTakeshi http://ur0.link/M9qm​
インスタ yurasamatakeshi http://ur0.link/M9qp
アメブロ http://ur0.link/M9ra
公式LINE https://line.me/R/ti/p/%40ptq8310g
TikTok https://www.tiktok.com/@yurasamatakeshi​
YURAサマch http://ur0.link/M9h7

続きを表示するには、入会が必要です

Mana様の青薔薇の館

販売価格 入会料金 入会/詳細
入会後無料
※退会後閲覧可 詳細はこちら

1,500円/1ヶ月

入会する

サロンに入会中または購入済みの方はこちら

続きを閲覧するには、DMMアカウントへのログインが必要です。

オンラインサロン情報

Mana様の青薔薇の館

Mana様の青薔薇の館

1,500円/1ヶ月
サロンページを見る

サロン紹介

この度、Moi-même-Moitié20周年を記念し、発足したオンラインサロン 。 2020年4月1日からは「Mana様の青薔薇の館」となりリニューアルいたしました。

あなたにおすすめの他サロン

おすすめサロンをすべて見る
ページトップに戻る