ヘルプ
1/27(木)1:00 AM - 11:00 AM メンテナンスに伴うサービス停止のお知らせ
この度システムメンテナンスに伴い、下記日時にDMM オンラインサロン専用コミュニティのご利用ができなくなります。

■作業日時
DMM オンラインサロン専用コミュニティ:1/27(木)1:00 AM - 11:00 AM
SALON LIVEアプリ(オーナー専用)  :1/26(水)9:00 PM - 1月27日(木) 11:00 AM

※ 作業状態によって終了時間が前後する場合があります。

■確認・対応事項
メンテナンス中は、全ユーザーが以下のページにアクセスできません。

・DMM オンラインサロン 専用コミュニティ
・SALON LIVEアプリ(オーナー専用)

※Facebookグループに関しては、メンテナンス中でもご利用が可能です。

ご迷惑をおかけして申し訳ございませんが、ご協力の程どうぞよろしくお願い申し上げます。

戦う職員室オンラインサロン

子どもが自分自身や社会に希望をもてる学校にするために戦う「現役教師×挑戦×異業種」の新しいコミュニティ
星野達郎/鴻池俊輔
戦う職員室オンラインサロン

ひとりで学校を変えることはできない

学校を変えようと動いても「前例がないから」「何かがあったら迷惑だから」と却下され、歯がゆい思いを経験してきました。ひとりで学校を変えることはできません。しかし、全国には同じ思いをもった仲間がいます。ひとりではできなかったことも、チームで戦えば実現できるのです。


不登校20万人

不登校は過去最多の20万人です。不登校の理由第1位は「無気力・不安」で、何となくつまらないから学校に来られない子どもが増えています。


精神疾患による休職者1万人

気持ちの部分で仕事を休んでしまう先生が増えています。子どもは学校がつまらない、教師は学校が苦しい。こんな学校を変えたいと、心の底から強く思います。


学校の枠をこえて

その子が抱えている問題、先生ひとりが抱えている問題を私たちはチームで解決します。戦う職員室では全国の先生とつながり、教育に思いをもった異業種人材と交流することができます。多様な見地で教育を考え、行動することが学校を変える力になっていくのです。





私たちの活動

戦う職員室のメンバーは個人やチームでさまざまな活動をしています。現職の先生も多く一人ではすべてをやりきることはできませんが、サロンメンバーであるWebデザイナーやWebマーケターたちと協働しながら活動を進めています。


本気模擬授業

教職をめざす学生向けに現役教師が本気で模擬授業をしました。今、教員をめざす若い人が減っています。現場の教師として「先生おもしろいぞ!」と伝えたいという思いで、100人が集まった熱い時間でした。

【ダイジェスト映像】


先生の新しい働き方

静岡市で初めて育児短時間勤務を取得したママ先生、青森県で初めて男性育休を取得したパパ先生を講師に迎え、「当たり前に家族を大切にできる」先生の働き方を考えました。このイベントに参加された先生(子育てママ)は講師の話に勇気付けられ、後日、校長先生の協力のもと育児短時間勤務を取得されました。

【ダイジェスト映像】


先生のためのお金の勉強会

投資や資産運用のプロからお金について学びました。学びに自己投資をしたり、家族を守るためにお金の価値観をアップデートすることも大切にしています。戦う職員室には金融のプロもいます。


授業マッチング

学校で授業をしたい外部人材と、児童生徒の視野を広げたい先生のニーズをマッチングします。市役所公務員が働く意味について小学6年生相手に授業をしたり、金融のプロが中学2年生相手にお金の授業をしたりと、輪が広がっています。サロンに入ることで授業マッチングが利用できます。






メンバーの声



戦う職員室での変容

戦う職員室に入ったことによる変容をペンタゴンチャートに表してもらいました。戦う職員室に入ると、学びへの意欲が高まった状態で早く帰れるようになることで、勤務時間外での学びや挑戦が子どもや授業にも還元されることが分かりました。


*M先生(東京都小学校)



*S先生(埼玉県中学校)




こんな方におすすめ

*学校教育に違和感・危機感をもっている方

*学校の職員室がなんとなく合わない先生

*同調圧力や不合理と戦いたい方

*思いはあるけど行動ができていない方

*職場と自宅の往復で刺激も学びも足りない方




SNSでは読めない本音の投稿記事

月に20回以上、教育実践やメンバーの挑戦を投稿記事で読むことができます。サロンという閉じられた空間だからこそ、外部の目を気にせずに教師も本音を発信できます。教師のほかにも、経営者や起業家、ビジネスパーソンなど、バラエティ豊かな記事をとおして教育への知見が深まっていきます。記事を読むだけで1500円の教育書を買うよりも価値があるという声も多くいただいています。

サロンで投稿される記事の例

・すごい教師が授業で大切にしていること
・スリランカ大使館と教育イベントをつくった話
・努力は夢中に勝てず、義務は無邪気に勝てない
・経済と金融教育
・子どものやりたいを引き出す行事指導
・学級通信をWebデザインの視点で考えてみた


勉強会イベント無料参加

有料のオンラインイベントに無料で参加することができます。2021年夏に開催した「本気模擬授業」は100人を集め、2021年冬の「筑波附属小・由井薗先生に学ぶ学級経営の極意」にも90人以上の先生が集まりました。大小さまざまな勉強会イベントはアーカイブ動画として保存され、サロンメンバーはいつでも見ることができます。

こんなイベントをやっています

・現役教師による本気模擬授業
・子どもが心をひらく教師の「技」【由井薗健先生に学ぶ!子どもと信頼関係を築く学級経営の極意】
・時短ママ先生と育休パパ先生から学ぶ「先生の新しい働き方」
・学校でもSDGs~実はこんなにやっている~
・やんちゃくんと無気力生徒への対応勉強会
・学びに向かう力研究会~「学びに向かう力」の正体とは?~








熱量高い環境と仲間が手に入る

楽しいオフ会/交流会

不定期に、サロンメンバーとのオフ会・交流会が開かれます。月一程度でオンライン飲み会やもあります。意気投合したメンバーとの飲み会は盛り上がり、夏はキャンプをします。


自分も挑戦したくなる

戦う職員室には、現役教員をはじめ教育に思いをもったビジネスパーソンや経営者など、多彩なメンバーがいます。どなたも、社会や教育をよりよくしたいと集まったすてきな方々です。そんなメンバーの夢や挑戦に対する思い、失敗談や裏話などを聞くことは、きっとあなたの夢や挑戦への励みになります。





民間側が参加するメリット

正直に言うと、それはご自身次第です、というのが答えになります。一般起業のビジネスパーソンや公務員、経営者など異業種の方もたくさん参加されています。

教育現場のリアルに興味がある”

”学校の先生が何を考えているか知りたい”

”挑戦があたりまえの環境に身を置きたい”

ご自身の仕事に実利があるという方もいます。これからの教育を見据え、現場のリアルを学びたいと参加される方もいます。教育界では珍しく、さまざまな分野が集い、挑戦をとおして鼓舞しあうコミュニティとなっています。百聞は一見に如かず、まずはお試しされてください。




教育実践に関するお悩み相談/情報交換

授業や学級経営、多様な子どもや保護者への対応の仕方など、学校の仕事について気軽に相談/情報交換することができます。戦う職員室には多様な得意分野をもったメンバーが集まっています。さまざまな立場、年代、職種の教育家が揃うなかで、あなたの悩みに親身にこたえてくれる存在がきっと見つかります。


戦う職員室オンラインサロンの使い方

オンラインサロンの使い方は自由ですので、この通りにやらなくても全然構いません。今回は迷っている方や、入ったばかりの方にこんな楽しみ方はいかがでしょうか?というご提案です。


戦う職員室オンラインサロンは何をやってるの?

なんとなく入った方もいると思いますが、このサロンは「子どもにとって真によい教育を多様な人と考え、熱量高い環境で仲間を見つけ、チームとして描いたvision現実にしていく場所」です。

一人で行動していると、自分本位になって偏ってしまったり、モチベーションが続かず、途中で辞めてしまったりします。また、国民総発信時代のなかで、個人SNSで発信してポジションを取っていくことは難しくなっています。

子どもが社会と自分に希望をもって卒業していく学校にする。このvisionを実現するために、熱量の高いコンテンツをとおして学びつづけ、仲間と互いに刺激し合える場所をつくっています。

なにをすればいいの?

1)まずは、記事や動画をながめる
基本的には、様々な投稿記事を読んだり、配信される動画を見たり、オンラインイベントなどに参加するだけで十分お楽しみいただけます。都合が合わなくて、イベントにご参加頂けなくても、保存してあるので後からいつでも見れますし、他のメンバーの質問やコメントを見るだけでもとても勉強になります。忙しい方は、トイレで記事を読んだり、家事をしているときに動画コンテンツの音声だけをイヤホンで聞いたりと、いろいろな使い方ができます。ちょっとした知識でも教育知見が深まっていくことでしょう。


2)「いいね」を押す
DMMサロンでは「いいね」ボタンがあります。これは、いい投稿だなと思ったら押すというものですが、メンバーの投稿やコメントに対して、いいと思ったら、どんどん押してください。メンバーの励みになりますし、モチベーションアップにもつながります。


3)コメントをする
「いいね」になれてきたら、次はコメントをしてみましょう。メンバーの投稿に対して、ご自身の意見や感想を書いたり、動画配信に対して普段疑問に思っていることや悩みを気軽に聞いてみてもいいと思います。
ただし、コメントは他のメンバーも読むものなので、強い表現を使ったり、他のメンバーが不快に感じるようなコメントは避けていただきたいです。


4)イベント企画を一緒に行う
戦う職員室では様々なオンラインイベントを企画しており、現役教員向けの研修プログラムや、学生向けの模擬授業企画など、たくさんのプログラムを提供しています。一人では不可能なイベントも、チームで力を合わせて企画から集客、当日のサポートまでを実現しています。今後もいろいろな企画を随時つくっていきますので、一緒に頑張りましょう!企画をつくるなかで仲間ができたり、これまで気付かなかったご自身の可能性に気付くことができます。





【Q&A】

忙しくてあまり時間が取れないのですが、大丈夫でしょうか?

はい、忙しい方でも見られるように配信動画はすべて保存され、後からでも見ることができます。記事の投稿は予定に合わせて自由にご覧ください。

教育関係者でなくても入れますか?

はい、大丈夫です。異業種の方も多くいらっしゃいますし、多様な立場で教育を考えることが子どもへの還元も多くなると考えています。

オンラインサロンの仕組がよくわかりません

是非入って体験してみてください。使ってみるのが一番早いですし、もし使い方が分からなければ、いつでも聞いていただけます。

オンラインサロンでは、何かする必要はありますか?

義務は全くありません。都合がいい時に記事や動画コンテンツを見るだけでも十分です。慣れてきたら「いいね」を押したりコメントしてみてください。
人によって忙しかったり、時間が合わなかったりいろいろあると思いますので、ご自身の状況に合わせて、気軽に楽しんでいただけたらと思います。

他の参加者とやりとりをする必要はありますか?

特にありません。記事や動画コンテンツを見るだけでも楽しんで頂けると思いますので、無理に他のメンバーとコミュニケーションをとる必要はありません。「いいね」や「コメント」も、ご自身が良いと思ったものだけで大丈夫です。

このサロンのキーワード

入会条件・注意事項

・iPhoneからDMM オンラインサロン専用コミュニティのサロンをご利用の場合、専用アプリのダウンロードが必要となります。
推奨環境はこちらをご覧ください。
http://help.dmm.com/-/detail/=/qid=44579/

・サロン内の内容や、オーナーが発信する内容について、サロン外(口外、SNS等を含む全てのメディア・媒体)へ転記することを禁止致します。
・他の利用者への中傷、脅迫、いやがらせに該当する行為を禁止致します。
※上記禁止事項が認められた際は、強制退会扱いとさせて頂く場合がございますのでご了承ください。

・オンラインサロンに関してのヘルプページはこちらです。
ご不明点などありましたらこちらをご覧ください。
http://help.dmm.com/-/list/=/mid=539/

・無料期間が付いている場合、無料期間は「初回入会且つクレジットカード決済」の方のみが対象となります。(再入会の方、DMM ポイント決済の方は無料期間は、適用されません)


星野達郎/鴻池俊輔

星野達郎/鴻池俊輔

星野達郎

【小学校教員/教育起業家】

横浜出身/国立大教育学部卒業後、青年海外協力隊としてグアテマラへ。現地では、授業研究の仕組みを県内15市で開発・普及させ、算数の教員研修プログラムを県・市の教育事務所と協働して開発。研修講師として各地を飛び回る。

帰国後は公立小学校の先生として子ども本来の力を引き出す教育を研究/実践。市内代表の研究授業や、学級の子どもたちと熊本豪雨で被災された地域に10万円を寄付、市長から感謝状をもらう。先生業の傍ら、地元の老舗旅館の支援や、モンテッソーリ教育の視点を取り入れた子どもの遊び場づくりを行い、地元紙にも掲載される。

現在はボーダレスジャパンの起業アカデミー7期生として、子どもが社会と自分に希望をもって卒業できる学校づくりをテーマに教育起業家としても活動している。

<主な活動実績>
・子ども主体企画で熊本豪雨災害の人吉市に10万円以上の災害支援金寄付 ➡ 市長から表彰状
・地元の老舗旅館支援/オリジナルポストカード制作 ➡ デーリー東北記事
・モンテッソーリ教育の視点を取り入れた子どもの週末あそび場事業 ➡ 星のあそび塾
・個人Youtube ➡ 星野達郎の戦う職員室


鴻池俊輔

【小学校教員】

浜松市出身/国立大教育学部卒業後、青年海外協力隊に参加。派遣国スリランカでは、指導主事(ISA)として、北部州を中心に小学生の算数学力向上プロジェクトや現地教員の指導力向上プログラムを実施。モデル校での校内研修制度の充実、子供たちへの算数指導を行う。

帰国後は国内の小学校教員として勤務する一方、国際協力に携わりたいという自身の夢を加速させるために、挑戦応援コミュニティを立ち上げる。(後の戦う職員室)

現地大学と日本の小学校を結ぶ交流授業、国際交流料理教室、日本語を学ぶ海外の学生に絵本を送る企画など、現職教員でもできる国際協力の形を模索中。

「子供の可能性が閉ざされない社会」の実現を目指す。

サロンメンバー募集中!

10日間無料

サロンメンバー

550円 /1ヶ月

入会する

あなたにおすすめの他サロン

おすすめサロンをすべて見る
ページトップに戻る