お知らせ クーポン ヘルプ

医療の闇Ⅱ 〜薬や健康食品の闇〜

テキスト

医療の闇Ⅱ 〜薬や健康食品の闇〜
【薬は飲まない】

 薬を飲んでも、無害ならばまだよいのです。

 薬には副作用があります。副作用とは、意図した作用とは異なるマイナスの働きのこと。意図した作用が主作用で、それに反する作用が副作用です。
 解熱剤は日常的に飲んでいる人の多い薬です。発熱時に処方されるほか、痛みを抑えるためにも使われるので、解熱・鎮痛・抗炎症剤とも呼ばれます。具体的には「非ステロイド性抗炎症薬」と呼ばれるロキソニンやアスピリン、バファリン、ボルタレンなど。最近では市販薬も多く、入手しやすくなっています。「頭痛持ちだから」とお守りのように持ち歩いている人も多いでしょう。
しかし、これらは気軽に飲んでよい薬ではありません。副作用があるのです。

ここから先はDMM会員またはサロン入会が必要です

※退会後閲覧可 詳細はこちら

サロンに入会中またはフォロー済みの方はこちら

続きを閲覧するには、DMMアカウントへのログインが必要です。


オンラインサロン情報

予防医療大学院

予防医療大学院

980円/1ヶ月ごと
サロンページを見る

サロン紹介

日本初の予防医療大学院開校!現役の医師に直接疑問やお悩みを相談する事ができます! 綺麗に美しく、健康な心と体を手に入れるための情報発信や個別サポートをさせていただきます✨
運営ツール
DMMオンラインサロン専用コミュニティ

あなたにおすすめの他サロン

おすすめサロンをすべて見る
ページトップに戻る